1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 考え方
  4. ≫これだけ「提供」したんだからと「対価」を求める恋とか愛について

これだけ「提供」したんだからと「対価」を求める恋とか愛について

意外と気づかない事が殆どで、恋や愛に対してこれだけ「与えた」からこれだけ「返ってくる」はずだと考える恋愛はもはや恋愛なんでしょうか
恋愛がいくら盲目的になるといってもこれは別の思考で問題です。
【例】
これだけ私は尽くしただからきっと
私はとっても愛したんだから
今までだっていっぱいして上げた

愛に基本も何もないんですが、愛の基本形は献身に近いでしょうか 自分が貰って嬉しい物を期待するのではなく、相手にそれをあげるわけです。 最初からか相手が自分の欲求を満たす事が前提となってしまうと。本来?の愛とはチグハグになっている感が否めません。
「愛」が欲しいから「愛」を欲しがるのか、「愛」が尽きないように「愛」を注ぐのかでは全く違います。
こうは書きましたが、愛が人によって形を変える事も事実です。なので解釈は人それぞれですので、自分自身の考えがある場合は貫くべきです。愛の乞食になろうが、愛のテレサになろうが自由です。愛の形は千差万別です。
ここではやはり対価を求めるような愛だの恋だのは違うと思うだけです。対価を求めた恋なんてなんか悲しいだけです。

なぜ悲しいと思うのかですが、何かを期待して相手と付き合うと知らず知らず圧をかけてしまい。相手の負担も大きくなっているかもしれません。 また、期待が大きい分叶わなければ、燃え尽きた時のダメージも大きいのです。なので早めに考え方を変えたほうが良いと思います。

ではどうすれば見返りを求めないようになれるのか?
愛は相手に贈ることもできます。なので何かを求めるのではなく、何かをして「喜んで貰いたい」って考え方へ変えてみるといいしょう。

しかし相手が何を求めているのか分からないと思いますが、前述の様に「喜んで貰いたい」って考えを持って考える訳です。求める本質とか根幹って男女問わず、基本的には自分が本当にしてもらいたい事をして欲しいんだと思います。
「喜んで貰いたい」

「して欲しい事をしてもらう」

「嬉しい」こうなれば最高です。

あなたは対価や見返り以外に恋愛でして欲しい事は何でしょうか。

「何故」恋人が欲しいのか
「何故」愛する人がほしいのか

このように「何故」を追求すると大抵の人たちは「孤独」が嫌だからと答えます。
孤独は心が空っぽに近い物です、その空っぽの心に何かを満たしたい欲求を感じているからこそ、そこに満たしたい欲求がある。これは、男女で共通だと思います。

何で満たしてあげるかといえば「愛」です。
相手を思いやり続ければそれが愛へと変わるこれで相手の孤独感は紛れる。もちろん自分も、それに付け加えて個人の好みでして欲しい事をしてあげる、それで良いんじゃないかなと思います。

なので「してあげる」から「どう思うかな」とかそんな感じで考え方を変えて相手と接してみると良いかもしれません
rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui