1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 恋愛全般
  4. ≫アメリカと日本の恋愛観の違いから起こる恋愛摩擦とデーティングとは何かについて

アメリカと日本の恋愛観の違いから起こる恋愛摩擦とデーティングとは何かについて

アメリカ人男性と付き合う日本人女性がもしかしたらやきもきするかもしれない。デーティング期間やアメリカでのデートと日本のデートの意味の違いを理解しないと、付き合ってから振り回されるかもしれません。

そもそもデーティングとは何か

全てのアメリカ人男性がデーティングをするわけではありませんが、将来を一緒に過ごすパートナーを決める為に複数の女性と付き合って擬似的に恋人同士を演じて、相手を見極める期間です。

これが日本との恋愛観の違いです。日本では恋人となると結婚を前提にしていない事が殆どですが、アメリカでは恋人となると結婚を前提にしている事が殆どです。

なので日本とアメリカではデートの意味(ニュアンス)も異なります。
日本のデートでは交際予定の相手と何度か映画やショッピングをしたりと二人で繰り返し遊んで関係を深めるなどします、そこに深い行為やキスなどは含まれないプラトニックで軽いものです。
日常会話でも冗談でデートの単語を使ったりするのでやはり日本のデートは軽い物です。
しかしアメリカではデートというと恋人候補との予行練習という扱いです。 なので映画やショッピングを含めて恋人同士としてそういう行為やキスを含めてデートをします。
なので日本とアメリカでは恋愛観が根本的に違います。
下記の図が分かりやすいです。



●アメリカ

結婚 彼氏彼女↑





デーティング(トライアル)

 アメリカでは、デーティングで相手を見ながら、相手との距離感、一緒にいる感じなどを確認しながら、将来を考えていく。お互い自立した人間同士なので、タイミングがあったり、一緒にちゃんといられるかどうかは、試してみないと分からない。そして、デーティング期間に、どうやら相手とはちゃんと2人でやっていけそうだと思ったら、彼氏彼女の関係にレベルアップし、そうなってしまえば、結婚までの距離は短い。

●日本

結婚 ↑




彼氏彼女
デーティング(トライアル)↑  
日本の場合は、彼氏彼女になってから、結婚までの距離が長いのだ。でもそれは、2人でやっていけるか、がポイントになっている気がする。2人で1人として、うまくやっていけるか、という関係作りを彼氏彼女の間に行うのであろう。だからそのプロセスの中には、相手に合わせたり、相手をよりよく理解するというのが含まれているように思う。日本とアメリカの文化の違いを考えさせられる違いである。
バーモント日記」『『日米恋愛文化比較Ⅱ ~アメリカ男性だって正しい~』』より引用

まとめ:解決方法やその後

デーティング期間で恋人候補との付き合いを重ねて相手と行為の相性をみたり、相手のことをしっかりと確認する為複数の女性とデートをします。 日本人女性の場合は相手に合わせようとする言わば、日本式の恋愛をしようとするため大きく摩擦やズレが発生します。 心理的にはやきもきする期間でもありますしどうやったら相手が振り向くか考えたりして心身ともに削られてしまいますが、堪えましょう。

いつまでたっても曖昧だと感じた時は「私はあなたの彼女なのか?」などとはっきりと聞くと解決するかもしれません。
そのほかにデーティングしないアメリカ人男性と付き合うなど根本からの解決方法もあります。


デーティングですっと別れることもあり、その時は行為までしたのにと嘆く事になるかもしれませんが、そっと諦めしょう。


日本では別れるとそのまま相手と面識もなくなりますが、デーティングが終わってからも、その期間中に付き合った女性と連絡を取る可能性もあります。 これはデーティング期間中に付き合った人をしっかり尊敬している為です。付き合ってからもそういう点が恋愛の摩擦になりやすいと思います






アメリカ人の彼サムネイル
アメリカ人のマーク・ブルースさんが執筆した。
アメリカ人の彼氏をつくって幸せになる方法(略称)という教材もあります。
著者自らのメールサポートつきでもっともアメリカの恋愛観を知りたい方やアメリカ人の彼氏を作りたい方にお勧めです。
詳細はこちら
rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui