1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 恋愛全般
  4. ≫マーク・ブルースが教える日本人女性がもつアメリカの恋愛観の疑問+@

マーク・ブルースが教える日本人女性がもつアメリカの恋愛観の疑問+@

「外国人の彼氏を作る」という教材を購入した際にメールサポートがついていたので、それを利用して当サイトへのアクセスワードから女性が悩んでいる事(多分)を先に聞いてきました。
残念なことに私の質問の仕方が悪い(日本語力)が足りず何度も意味の確認のメールをさせてしまいました……、しかも丁寧な対応で逆に申し訳なくなってしまいました。
ちなみに回答はマークさんで、翻訳はマークさんのパートナーです。私のブログでも何回かアメリカの恋愛観に関する記事は書きましたが、日本人の私より説得力があるアメリカの恋愛観がわかると思います。


アメリカでは告白の文化は無いとく、相手が好意のある対象にはそれなりの行動を示すので何となく付き合うという感じですが、これは誤解を生んだりしないんでしょうか?

とくに誤解は生じません。2人の間に互いへの感情があれば、それとなく互いが付き合っているものだと分かっているものだと僕は信じています。
「お付き合いして下さい」という関係の型を求める文化はありませんが、アメリカでは男性からでも女性からでも愛を告白することは良くあることですし普通のことです。ただ、タイミングが早すぎると、相手側は何て答えていいか分からなかったり、やむを得ず「愛している」と言わざるを得ないかもしませんので、愛の告白は丁重に扱われ、そして適切に行われなければなりません。互いが共に過ごした時間が長いのであれば、明確な告白がなくとも、事実上の関係は確定していると考えるのが筋です。

復縁はどうするのか。一度別れてから、やっぱりもう一度付き会いたい場合など復縁を考えたときは、どういう風に言ったらいいんでしょうか?

復縁はよくあることです。復縁を考えるときに重要なのは、何を言うかではなく、分かれた原因をきちんと突き止め、理解することと、その人とやり直す気持ちが本当にあるかどうかです。
そして、自分の側の原因を見出し、自分を改善する確固たる意志があるかどうかです。そこで、別れた理由や復縁する理由は当事者によって全く異なるので、一概に決まったセリフはこれだと言うことはできませんので、場面を想定して一例をあげるとこんな風になります。

男性が友人と夜に遊ぶことに対して女性側が不審に思ったり、怒ったりしたことが原因で別れた場合に女性から復縁を伝える場合:

「ごめんなさい。あなたが私との時間を考えてくれていないんだと勝手に思って、私がやきもちをやいていたの。それで、あなたのことも信用できなくなって、怒ってしまったの。これからはあなたを信用するし、夜に友達と出かけても怒ったりしないわ。あなただけの時間もきちんと尊重するわ。だから、あなたとやり直したいの。」

要するに、復縁を自分から切り出すときは、相手の側に非があるとは決して言わないこと、自分の側に原因を見出し、それを改善する意思表示を明確にすることが大切です。

相手と分かれる時の例文を教えてください

欧米の文化は日本よりも直接的なので、別れるときはダイレクトに言うことになります。
そのときは、しっかりと理由を伝えることが重要です(もっとも、相手の人格を傷つけたり、否定するようなことは言わない方が良いです)。そうでなければ、何か悪い事でもしたのかと悩んでしまいます。なので、曖昧な理由では、相手にとって十分な理由にはならないです。

そこで、あえて挙げるとしたら、「あなたとは結婚や家庭を持つイメージがハッキリと持てないの」とか、「今は仕事に集中したいの。だから、私自身のスペースが必要で、同棲する心の準備ができないの」といった感じです。

気持ちを直接聞く以外に方法はありますか?


カップルが親しい関係になった時、自動的にその関係はいわゆるカップルだとみなさ
れます。が、それ相応の期間つきあっていたとしても、カップルだということがハッ
キリしない場合、直接聞くしかないですね。

ブルースさんが日本に来て一番ビックリした事を押してください。


付き合うという関係に関して、日本と欧米では男性女性の役割が違います。日本では
男性優位、男性主導な感じがありますが、欧米ではあくまで平等が前提です。また、
日本では女性は本音を隠して表に出さないことが多々ありますが、それは小さないざ
こざや誤解につながります。対して、欧米では性別や国籍などに関係なく、何でも
オープンにしてディスカッションすることが求められます。そういう違いに最初は驚
きました。

Dating期間について


これについては、日本で一般に「アメリカではこんな感じなんだって」と広まってい
るようなものではないです。Dating期間は人それぞれで、解釈も異なります。最初か
ら真剣にお付き合いを考える人もいれば、いわゆる試用期間みたいに考える人も中に
はいます。でも、多くは真剣に考えるタイプだと思います。なので、このことについ
てそんなに深刻に考えることはないと思います。

今回の文章はアメリカ人のマーク・ブルースさんに寄稿して頂きました。ブルースさんが執筆した日本人女性が外国人男性と結婚をする際の様々なハウトゥー本のメールサポートを利用しました。もっともアメリカの恋愛観を知りたい方やアメリカ人の彼氏を作りたい方は高い教材ですが、一読してみると多いかもしれません。
ちなみに私の時で、返信に一週間くらいかかったので、購入後に利用する際は質問の内容をまとめて気長に待ちまつのも方法の一つです。 詳細はこちらへ
rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui