1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 恋愛全般
  4. ≫恋から愛へ変わる事に必要な事。恋とは何か

恋から愛へ変わる事に必要な事。恋とは何か

恋の役割は大切で、人生において誰かを恋した体験は貴重な糧となります。
なぜ人は恋に落ちて激しく誰かを追うのか、そして愛へ落ち着くのか。恋とはなにか、愛との関係性は何なのか等を考察します。

恋とは

恋とは愛の始まりです。人に対して使うのはためらいますが動物で言う発情と似たものです。 恋をすると相手の事をより知りたくなったり、一緒にいたくなり一緒にいると安心感があったりと相手へ夢中になります。
(恋の状態は人により様々なのでここでは代表的なのを書いています。)
人に限らず全ての生物が子孫繁栄を目標としています。見た目や雰囲気から自身の遺伝子と合わせても大丈夫そうな人を判断して 求愛を始める訳です。これが人だと恋の状態と合致するかと思います。
こうして相手へ接近して両思いまたは相手に気がなくても相手が了承すれば、自身の恋が叶う事になりますが承諾されなかった場合は失恋となります。

恋の期限

恋に永遠はありません。いつか終わりが来ます。
終わり方は二種類あります。恋が愛に変わる場合と、そのまま終わってしまうかのどちらかです。
恋から始まった愛というのはとても理想的です。相手に対してこれくらいはといつのまにか許容できたり、相手の言いたい事が何となく分かってきたりして徐々に愛へと変わっていくものです。そうすれば恋は終わってしまいます。

次にそのまま終わってしまう場合は最初はどんなに熱中した相手でも、数週間や長くても数ヶ月と短い期間で恋は自然鎮火します。
自然鎮火だけでなく、付き合ってからもちょっとした事や恋に恋してるだけの自分にきづいてしまったりと様々な理由で冷める事があります。

他にも相手から別れる趣旨を伝えられ承諾すれば失恋となったり、相手に不幸があった場合も恋が終わってしまう原因です。
また、世の中には付き合って一年以上のカップルもいますが、それは恋でなく愛か惰性で付き合っているだけだと思います。

愛への発展に必要な事

親友や家族との愛情が生まれるというのは、基本的に自分の内面を出すことで生まれるものです。
当たり前ですが家族は自分のことを色々知っているわけですし、友達も自分のことをいろいろ知っているわけです。

付き合っている関係の場合もお互いの自分の内面を晒け出すことで、お互いの事が良く分かってきます。

内面を見せると言うと秘密の共有とも捉えられますが少し違うのがポイントです。
前述した家族愛があっても家族でも知らない自分、友愛でも友達も知らない自分があるはずです。

なので付き合っている二人の場合も秘密を分かち合う事ではなく、単純に内面を出すことで関係がより深まり二人から一人になりこれが愛になる訳です。

ではどうやって内面をみせるかというと主に会話です。言葉を交わせば相手のことを知ることができます。
この会話は円滑な人間関係を築くのに必要不可欠な要素です。会話が苦手でも伝えようとすればきっと伝わります。会話の意思が大切です。
親密な関係ならさらに肉体を交じ得ることで、本来知りえない相手の情報を知る事になり、お互いの深い理解につながります。
もちろん、これはあくまで一要因です。やはり愛は自然に発生するので気付いたら愛していたということになります。愛を作ろうと躍起になることは決して必要ありません。
相手を尊重し、内面、素の自分を出す最終的にそこまで気を使わない関係になればいいというだけです。ただそれだけです。

まとめ

相手を愛するには、嘘をつかないとかではなく会話で気を使わないような状態にする。
素の自分というとなかなか難しいようですが、簡単に言えば余り気を使わない状態です、必要以上に気をつかっていませんか?
相手に合わせることも必要ですが、合わせ過ぎるのは没個性につながりかねませんので、自分という一つの個性をだすことが大事なんです。これが本質です。
なので自身の秘密を暴露する事や無理に相手の欠点を指摘してあげるとかそういうのではありません、ただ単純に自分なりの意見、個性を出すことが大切です。

もし相手と意見が合わなかった時の事や、ぶつかってしまう事を考えて怖いのも分かりますが、相手と意見が合わなくてもそれをぶつけ合えばいいだけです、そういう壁を乗り越えて関係とは深まるものです。時にはぶつかる必要もある訳です。

rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui