1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 考え方
  4. ≫立ち上がれ!恋愛弱者よ。弱者を脱却するには

立ち上がれ!恋愛弱者よ。弱者を脱却するには

強者や弱者と言った言葉は私は好きではありませんが、どうしても恋愛できない事情の人が世の中にいます。
どうすれば恋愛ができるのでしょうか、どうすれば弱者から脱却できるのか考察していきたいと思います。

恋愛弱者とは

恋愛成就しない人や恋愛が出来ないといった人たちをこのように言います。
主な原因は恋愛格差による恋愛強者達による出会いの吸い上げでの弊害です。
それ以外の理由に単純に出会いの場が無かったり、恋愛が成功しないだけだったり、会話などの何かしらの経験値が圧倒的に足りていなかったりと様々な要因で弱者へとなります。
一度弱者のレッテルを貼られるとまた失敗するのではと不安になったり、開き直ることで恋愛を諦めてしまうケースが多いです。



弱者の中には身体的特徴等の理由でどうしようもない場合もあります。
この身体的特徴を含む各問題については、当サイトの趣旨から外れる可能性とデリケートな問題になるのでこれ以上言及しません。


中者を目指す

恋愛強者になる事はとても大変です。
なので恋愛強者へなる事はできなくても恋愛弱者を脱却して、言わば強者と弱者の間の中者を目指してみましょう。

まず本題の前に弱者と言う言葉について考えを深める気持ちで、二つほどWikipediaより引用をしたいと思います。
世の中にはたくさんの“弱者”とつく言葉があります。


交通弱者
交通弱者(こうつうじゃくしゃ)とは、日本においては概ね二つの意味がある。一つは、自動車中心社会において、移動を制約される人という意味である。もう一つは、交通事故の被害に遭いやすい人という意味である。
交通弱者- Wikipedia」『ウィキペディア日本語版』(Dec. 2013年10月7日取得 UTC)より引用

情報弱者
(中略)情報技術を使えていない、あるいは取り入れられる情報量が少ない人々または放送・通信のサービスを(都市部と同水準で)受けられない地域および住民のことを情報弱者とも呼ばれる
情報格差- Wikipedia」『ウィキペディア日本語版』(Dec. 2013年10月7日取得 UTC)より引用

弱者と言う言葉のニュアンスが雰囲気だけでも何となく分かると思います。



共通しているのが制約得る物が少ないといった身の回りの環境の問題です。恋愛でも出会いのある環境にいるのかはとても大切です、なぜなら出会いが無ければ始まりません。もし出会いが無いことやいい人がいない事を理由にしているだけなら出会いの場を増やす必要があります。
「え~、そんな事やってるよ!」という人は具体的にどんなことをしているのか一度見直してみてください。
見直す際は効率を考える事が大切です。例えば合コンに通っている場合は少し考え方を変えて、メガ合コンなどに参加をしてみる事です。
メガ合コンは通常の合コンとは違い数百人単位が基本です。合コンなんかより遥かに効率がいいのがわかります。
見も蓋もない言い方ですが出会いは偶然という性質上、少しでも出会う確率を上げて有効な時間や費用を最大限に生かして無駄を無くして効率を優先しなければなりません。
なのでメガ合コンでなくとも、たくさんの出会いを提供している場なら何でも言いということです。ただ注意しないといけないのはソーシャルメディアでの出合いや悪徳業者にも注意しなくてはいけません。
有効な対策はなるべく参加人数の多いものや有名な物や怪しくないものに参加するのがとても有効です。

次に出会いがあっても積極的にならないといけません。中には消極的な方が印象がいいこともありますが基本的に行動を起こすことが大事です。
人は見た目が九割と言われるくらいです。今の髪型や服装を見直して雑誌などでなるべく一般に受けやすい服や髪型にしたりします、いまいち分からない場合はお店の店員に合う服や髪型を聞くのもポイントです。
ただ服においては気を使うだけでブランドなどは一切気にする必要ありません。

ぼそぼそとしゃべるよりははきはきと喋った方が多くの人にとって好印象を与たり、ぼさぼさの髪より今流行の髪型の方が一般に受けがいいのは明白な事だと分かると思います。積極的でも消極的でも話し方や身なりだけでも印象がとても変わります。

勿論ぼそぼそと喋って、ぼさぼさの髪が好きな人もいるでしょうが、それは極一部です。出会いは偶然でそこからさらに確率を下げるのは好ましくありません。なのでなるべく一般的に許容できるような状態に持ってくることが大切だと言う事です。服や髪型で必要なのは没個性のみです。

次に年収、顔立ちなどそういったある種の自己満足の様な判断をしていないでしょうか?
相手の性格はとても重要です、しかし年収や顔立ちなどは純粋に恋愛だけならそういった要素は最低限か、もしくはいらないはずです、恋から愛に変わるのは別の話で、さらに結婚を考えているのであればお見合いか婚活パーティーの方が結婚までの距離が早く手短なので選択肢としてはそちらの方がいいでしょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
各所のまとめ
  • たくさんの参加者のいる出会いの場へ参加する。(場所は慎重に効率を優先して選ぶ)
  • 積極的になる。
  • 服装や髪型を整える。(一般受けしやすい物に、ブランドである必要はない)
  • 年収や顔立ちなど不要な選択肢を捨てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ここまでやったけど、でも駄目だったと言う場合は何が悪いのか、自問自答を繰り返します。
自問自答と改善する作業を繰り返す事がとても大切です。

まとめ

常に改善する気持ち(意思)が大切。
本当にどうしようもない問題を除いて大抵の問題は解決できます。ただどうすればいいのかわからないだけだったり、プライドなんて陳腐な物に邪魔されて気付かないだけだったり、中には恋愛を捨てて諦め、悟りを開くことにした人もいるかもしれません。確かに恋愛は疲れます。しかし、恋に落ちるとはとてもいいことです。

この記事をここまで読んだあなたなら少しでも現状を変えたいと思っているかもしれません。
僅かでも努力してみると明日とは行かなくても遠くの未来は変わっているかもしれません。
人生はたった一度きりです。挑戦するこはとても大切です。

当サイトのサイドバーにも貼っている言葉をこの記事でも引用したいと思います。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

ウィリアム・ジェイムズ

この言葉は成功哲学などで使われる言葉ですが、恋愛にも十分活用できます。
今日の記事は引用多めでしたが、最後まで読んでで頂きありがとうございます。精神論は私は嫌いですが、時には心を変えるときが必要です。
自分を変えれるのは自分だけです。
rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui