1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 考え方
  4. ≫恋愛格差を乗り越えるには

恋愛格差を乗り越えるには

日本には悲しいことに恋愛格差という考えがあり、実際の社会問題にもなっています。
恋愛格差を学生時代に体験した人もいるかもしれません、恋愛格差の対象は男性が対象になりやすいです。
この記事では恋愛格差を乗り越える方法を考察しています。

恋愛格差とは

恋愛の一極集中化現象のことです。
人は見た目や会話でその人間が合うか合わないかを判断するため、結果的に造詣の整った身体で会話力のある人は好かれやすくなり多くの異性が集まります。その逆の人は好かれにくく異性が集まりにくくなり恋愛に必要な出会いの場面も会話のタイミングも好かれやすい人より差がついてしまう現象です。
さらに年を重ねるごとに女性の多くが年収や学歴を気にし始めるので、これも格差を広げる一要因となります。
以下よりWikipediaから引用を挟みます。


――――――――――――――――――――――――――――――

恋愛格差(れんあいかくさ)とは、日本の格差社会に関連して生まれた概念で、優れた容貌やコミュニケーション能力(特に前者)をもつ男女に異性が集中し、その対極にある人々にはほとんど恋愛のチャンスがない、という現状を指す。
特に男性においてその傾向が顕著で、少数のオスが多数のメスを妻としてハーレムを作るオットセイになぞらえて、「オットセイ状態」などと形容される。

しかしそこで魅力的な異性を手に入れることが出来なくとも、魅力の少ない異性を手に入れればいいだけなのだが、それを望まない為、性的魅力の少ない男女がペアを組むことは少ない。自分の魅力が劣っていても、魅力の高い異性がほしい(複数ほしがる場合も)という思いから格差が生まれている。

この『恋愛格差社会』の敗残者達―その成れの果てとしての中年童貞/中年処女の存在は、少子化の問題と絡めたうえで論じられることがある。

恋愛格差の影響として、「おたく」が否定されていることが本田透の著書「電波男」によって明らかにされている。おたく=恋愛の出来ない人間というイメージが定着しおたくであることが人生の敗者と認識された1990年代後半から男が弱くなったとあちこちで喧伝された。2007年にはインターネット上で「スイーツ(笑)」なども浮上した。テレビまた既存のメディアも負のイメージにされている男性側に女性を利用して都合よく叩いていることも少なくない。これは本田によると、今日格差社会と呼ばれても、女性は階層に関係なく優位でありお得であるとされている。 その反発からかインターネット上では女性への偏見を持った誹謗中傷が多く見られる。

恋愛格差- Wikipedia」『ウィキペディア日本語版』(Dec. 2013年10月11日取得 UTC)より引用


――――――――――――――――――――――――――――――――

ちなみに恋愛格差によって恋愛強者と恋愛弱者が生まれています。




学生の頃あたりにこういう格差を強く感じた人は、恋愛に億劫になり自分には恋愛は無理だと決め付けてしまうものです。 また言い方は少し悪いですが卑屈にもなる傾向があります。

美醜―整ってきれいな方が好かれやすい。
会話―会話が上手い人は話は相手に好印象を与える。
学歴―気にする人は少ないが、学歴が高いとブランド化する為。
年収―将来の相手まで見すえた様な考えだと気にする模様。

以上が格差のポイントです。美意識というのは難しい物で会話のみや見た目だけでは駄目です。
なぜなら会話がどれだけうまくても面白い人どまり、話しやすい人止まりになるからです。
見た目も同じで身なりが良くても話し方がぼそぼそしていたり、会話が弾まないと相手のストレスがたまりイライラさせてしまいます。

学歴と年収は気にしなくても大丈夫です。学歴より今が大切です。
年収については結婚まで見すえているなら勘案した方がいいでしょう、しかし、恋愛をするとなったらそんな考えは一切不要です。

さらに性格も必須条件ですがよっぽど極端な性格でない限り問題ないでしょう。

なぜ男性に多いか

恋愛格差での対象になりやすいのは女性より男性です。
それはなぜでしょうか?答えは選択の決定権は女性が持っているからです。
男性がたとえ対象を選ばなかった場合でも、告白して付き合える確率は低いでしょうが、女性の場合は対象を選ばなければ男性より付き合えるでしょう。
つまり女性の決定の有無が恋愛への影響に非常に強くなっているので結果的に男性が弱者となりやすくなります。

マインドセットしてみる

マインドセットとは極端に言えば考え方を考えることです。

そうですね、やはり大事なのは自分の世界観を信じることです。
自分の世界は自分です、無理かもしれない、できないからと少しでも諦めてないでしょうか?
卑屈な精神ではないですか?もしそうならもっと自分に自信をもつことです。

しかし、自信を持つことはとても大変です、自信は成功体験の積み重ねから生まれる物ですから。
恋愛でも恋愛強者が強者になりえたのは一概に外見や会話の問題だけではないはずです、やはり何かしらの成功体験を積み重ねて
それと同時に失敗を重ねてそれを修正するうちに強者なりえたのだと思います。勿論世の中には天才と呼べる。本当に何もしていなくても強者だった人もいるでしょう

しかしそんな人は僅かしかいません。

恋愛での成功体験を重ねるはそうそう無理ですが、日常の僅かな成功も、その度に一つの成功体験として少しづづでも糧ににするというのはどうでしょうか
これができたからこれもできる、あれができたからこれもできるという風に繰り返すわけです。勿論失敗もあります。
ですが、失敗の前に失敗を恐れてはいけません。確率論的ですが成功も失敗もあります、修正していくうちに成功しやすくなる訳です。

そうして少しづつでも、自信を取り戻すことが大切です。一度ついた自信は大変価値があります。
なぜなら行動が変わるからです、一動作毎に怯えているようでは雰囲気も情けない物です。堂々とした自信が行動も雰囲気も堂々とした物に変えてしまうものです。

自分の人生は自分です。今変えようと思ったなら今変えるしかありません。
マインドセットというより哲学となりました。

見た目を変える

まず自身の見た目を見直して見ることが大切です、できれば客観視できればいいでしょう
見た目はほんとに大事です。人は見た目で九割を判断しているといわれるくらいです。
下記のサイトが参考になるかと思います。

服装に関しては
http://www.oxiare.net/fashion/

体型に関しては。
下半身ダイエットの記述ですが、全てのダイエットの根幹を突いたとても良い記事だと思います。
肉体改造研究所

化粧に関しては
脱!「イマイチビューティ」プロジェクト。あなたが垢抜けない理由はココ!

喋り方を変える

人と喋ろうとしないと喋り方を忘れてしまい悪化しかねません。

自信をつかむ為にも積極的に話す事を繰り返しましょう。
適度な声量や抑揚は場数を踏まないとなれない物です。
また会話で混乱する人の場合は一度間を置いて会話をするといいかもしれません。

こればかりは訓練が必要です。

まとめ

気付いたその時、毎日が空っぽのようで「ああ恋したかった……」なんて事になりかねません。
年を重ねれば恋愛は本当に大変です。まだ若いなら積極的に恋愛へ挑戦しください。

頑張った結果の努力がたとえ、実らなくても後々の人生できっとためになるはずです。
人生で考えればたった一瞬の短い時間を恋をしてみようという努力ですから、淡い期待も、苦い思い出も、辛い時も時間が経てばきっとためになるはずです。

rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui