1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 告白
  4. ≫欧米では告白が無いのはなぜか

欧米では告白が無いのはなぜか

日本では好きな人が好きな相手に「好きです」など、好意をはっきり伝えてから付き合う文化・暗黙のルールが存在しますが、欧米ではそういう告白をせずに付き合うことが殆どで、日本に無い文化のもう一つに、複数の女性と付き合って相性を確かめるデーティングもあります。

どうやって好意を伝えているのか

日本人は「好きです」「付き合ってください」とはっきりと交際の有無を聞ききます、日本では普段から雰囲気で会話する事がよくあります。なので、メリハリを付ける意味でもしっかりと好意を伝えてるんだと思います。

告白文化の無い欧米では行動で伝わる(伝えます)。なので表現が濃いことが多くなり、そういう要素から汲み取って相手が自分に好意があるかどうかわかるんだそうです、フィーリングや雰囲気から察するということです。
少し古いですが、学校の卒業時に貰えたクラスリング、カレッジリングを交換する事もあります。
※フィーリングとは感動の、感情的な状態を経験することで、なんとなく受ける感じ。「フィーリングが合う相手」

しかし察するとなると勘違いもありそうですが、そういう勘違いを防ぐ意味でも好意を持った相手以外にはそういう態度はとらないようにしています。例えば食事やどこかへ一緒にいかないかなどの誘いに対して、そういう気がある相手とは行かないで、断るようにしているようです。
ここが日本と違いでもあります。日本人の場合は断ると悪いと思ってしまいがちですが、欧米で気があると思われる行為の一つなので慎重は判断となります。

告白が少数派なだけ

欧米人の全員が告白しないというわけではありません、告白するのは少数派ということです。
その時々で意味の取り方は変わりますが「Love(愛)」は日本よりとても重たい言葉です。
気軽に「I love you(私はあなたを愛しています)」とは言えません。

「Will you be my girlfriend?(あなたは私の恋人ですか?)」「Will you go out with me?(私とあなたで一緒に行かないか?)」が付き合ってくださいや彼女になってくださいの意味で通じますが、欧米には「付き合ってください」に相当する言葉がありません。
直訳するとおかしいですが、交際や愛の表現で「付き合ってください」という言葉を使うのが変なのと同じ理由で、決まり文句です。

デーティング期間とは

欧米は彼氏彼女の関係になってからの結婚までのプロセスが短く、二人でも大丈夫だというのを確認する為にデーティング期間を設ける事があります。
デーティングはアメリカの習慣、風習で複数の女性と付き合うことで相性が合うかを見極める為目、肉体関係やデートを色々な女性と繰り返して相性をみたりして、相手を選びます。
もちろんアメリカ人男性がすべてデーティングしているわけではありませんが、こういう期間もあります。

まとめ:恋愛観の違い

欧米では何度かデートをして、いつのまにか付き合っていたりする感じで、線引きや区切りがなくフィーリングで付き合うのが主流です。
好きだから一緒にいるとのとはややニュアンスが日本とは意味が異なります。
これは前項でも書いている通り彼氏彼女となると結婚を前提にしている場合が多く、日本の意味のままで「付き合ってください」というと非常に重たくなります。
なので日本の様に彼氏彼女となると結婚前提でその前の段階は気になるから付き合うと言う感じで、好意を伝える事はフィーリングで分かるので告白の必要性が無いという感じです。
だから
英語で恋愛関係にある女性の恋人を指す言葉「girlfriend(ガールフレンド)」に「friend(友人、友だち)」がつくのかもしれません。

rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui