1. ホーム
  2. 恋愛アドバイス
  3. 出会い
  4. ≫それってコンフォートゾーン?自分で動けば出会いが無いはずがない

それってコンフォートゾーン?自分で動けば出会いが無いはずがない

今フォーとゾーンとは、例えば誰かと喋っていてふと街中に入ると沈黙したり、お店とかでもそういう雰囲気のお店でもないのに黙っちゃうとかそういう感じのとき、コンフォートゾーンというのは端的に言えば今を維持しようとする心理的な力のことです。
つまり人は「もっとも居心地の良い状態」を維持しようとするわけです。
このコンフォートゾーンと三つの理由を考えてみました。


本気じゃない

出会いがないなんていっている人のおおよそ大半は、真面目に探していないか本気で欲しがっていないんじゃないかと思います。
確かに相性の問題はあるにしても、それでも街中でもコンビにでも出会いがあります。
出会いの種類も街中だけでなくそういうサービスを利用したり、ネットやらサークルやらと無尽蔵にあるわけでそれらを使い倒して、でもやっぱり出会いが無かった時は何か本質的な問題があるのかもしれません。
しかしそういうした努力もしていない内に出会いがないってのはただの言い訳だと思います。なのでもっと積極性をもって探しにいく事が必要です。

諦めている

本気じゃないまたは本気になれない場合は無意識、意識に限らずどこかで諦観している自分がいるのではないでしょうか
恋愛に限らず空気感があります。諦めてしまった、そんな後ろ向きな雰囲気では相手も近寄りにくいのではないでしょうか
雰囲気を変えるこれだけでも十分効果があるはずです。
諦めるのはもっと努力をした後でも遅くはないはずです。

恐れている

「失敗したら……」と失敗を恐れている。でも怯えてばかりでは進めません。
出会いを掴むには進むしかないのです。
当たって砕けろとは言いませんが、しかし失敗から学ぶ事もあります。経験はテクニック とは違って身に付ける事は難しいものです。
諦めているの項でも書いたように、努力する前に自分で結果を決めつけるのはよくありません。
未来は自分で掴み取るしかないのに、それなのにそれを放棄するなんて後悔の種になりかねません。

まとめ

コンフォートゾーンに囲まれているうちはとても楽しく話す事ができますが、そこから外れるとしゃべれなくなります。
これは恥ずかしいとかそういう気持ちで自分を守ろうとするからです。
恋愛でも付き合いたいなって思っているとして実際は行動ができないのも、コンフォートゾーンの影響があるのでしょう。
「恥ずかしい」「失敗したら」なんて事を考えているのかもしれません。
しかしそれでは不味い訳です。それはできていない自分しか見えていないので上を目指すには、そこから一歩すすんで、コンフォートゾーンを広げなくてはなりません。
プロのナンパ師や恋愛のプロですら最初から上手かった訳ではなく、何回も挑戦してできる自分を見えるようにんったからこそプロになりえたのだと思います。

恋でも愛でも出会いが無ければ生まれないものです。諦めたり怖がる事は現状維持の何者でもありません。
恋愛ができるのは自分しかいません。後悔してやっておけばよかったなんてことにならないようにできるだけのことをして出会いを見つけることが大切で、今を変えるには一歩進んで自分の殻を破る必要があります。
rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui