1. ホーム
  2. 電話占いについて
  3. ≫電話占いの歴史

電話占いの歴史

電話占いの歴史は古く1991年9月に始まった「占ダイヤル」というダイヤルQ2サービスが原型だと言われています。

ダイヤルQ2サービスとは、1989年に開始した電話による有料の情報提供サービスの事で、情報電話料金と一緒に情報料金を回収する仕組みで、サービスは2014年に終了しました。
当時このダイヤルQ2サービスは多くの業者が利用し、たくさんのサービスが提供されていて、電話占いの原型となる占ダイヤルもその一つでした。



最初期の電話占いは個人の占い師がコレクトコール(料金の発生する電話)で電話をかけてきて占う方法が主流だった為、長く電話をかけることは難しく、また、家庭によってプライベートの確保が難しいなど利用者は少なかったとされています。
2000年代になると、携帯電話の普及により固定電話よりも気軽に長電話が出来るようになり、好きな時間に占いができるので誰かに聞かれるといった心配も減った為、様々な年齢層へ徐々に広がりを見せました。

そうして、電話占いが市民権を得ると共にオーダーシステムも変化をして「自動音声ガイダンスに従って占い師を指名するタイプ」と「オペレーターの指示に従った後に、選んだ占い師から折り返し電話がかかってくるタイプ」の2種類の形式になりました。

その後も電話占いは拡大し、通話料金や課金システムなどの問題になることもありましたが、法人が増えて安全性も高まりフリーダイヤルによる通話料がかからないシステムを採用する場所やメールを利用した占いなどインターネット活用した占いのシステムを採用する場所がとても多くなり、より幅広いライフスタイルに対応した占いができるようになりました。
rankin
otoku zyouzyou maebarai 24
MAIL originality yasui